豪人TOP

今月の特集

18回目

第18回 ブリスベンのミュージシャン、濱田ももさん

第18回 ブリスベンのミュージシャン、濱田ももさん

『オーストラリアで頑張る日本人のWA』第十八回は、ブリスベンのミュージシャン、濱田ももさんです。

ミュージシャンとご紹介しましたが、食や生活へのこだわりもあり、パーマカルチャー的生活を実践されていらっしゃいます。

今回取材させていただき、文面からもほんわかとした雰囲気や、自然体で生きる事をナチュラルにされている方なのだな~と思いました。

ピアノをされているそうなので、ケアンズにも演奏旅行にいらっしゃないかな~と密かに願っております。

それではももさんのインタビュー記事をご覧下さいface29

インタビュー スタート!


豪人スタッフ(以下豪)>ももさん、はじめまして!
こうさんからのご紹介ということで、インタビューにお応えいただきありがとうございます。

早速なのですが、まずはオーストラリアに来られた時期はいつ頃ですか?

ももさん>はじめまして。
2004年の3月ごろ。
ですが、約20年ほど前に合唱団の海外公演で来たこともありました。 

豪>ミュージシャンとはお伺いしていましたが、合唱団にも所属されていたのですね。

オーストラリアへはどういう経緯で来られ、現在に至るのですか?

ももさん>当時のパートナーがこちらの出身で、結婚を日本でし、妊娠すると、出産は空気の綺麗なオーストラリアがいいのでは? となり、とりあえず来てみました。
もともとパーマカルチャーやオーガニックに興味があり、パーマカルチャー発祥の地に暮らしてみるのも悪くないかな、ぐらいの気持ちでした。 

こちらにきてから出産をしましたが、息子の学校生活が始まったら、日本に住めることはしばらくないだろうということで、息子が一歳の誕生日を迎える数日前にまた日本に戻りました。 

まだ息子は小さかったですが、学校の選択肢をホームスクール、学校に通わせる、インデペンデントスクール、オルタナテイブスクールと色々リサーチしましたが、どれをするにしてもやはりオーストラリアの教育や環境が私たちには向いてると思い、再度こちらに戻ってきて、結局元々住んでいた場所の近くの公立の学校が哲学、パーマカルチャーガーデン、環境の勉強、生徒数200人と素晴らしい学校で、そちらにいれました。 

息子の学校の選択と教育、環境は私たちがオーストラリアに住む理由の大きな一つです。 




豪>なるほど。
ご家族でじっくりと考えられた結果、オーストラリアだったという事だったのですね。

現在はどちらにお住まいですか?

ももさん>ブリスベンです。

豪>ちなみに、これまで行かれた事のある都市は?

ももさん>メルボルン 友達が沢山住んでいるので、数年に一回は行っています。
シドニー   合唱団の海外公演でいったのと、一度は観光で。
キャンベラ   合唱団の海外公演で。
ケアンズ    飛行機の乗り継ぎが主ですが、ここ3年ほど、元々ブリスベンに住んでいた友達がキュランダ山奥に家を建てて住んでいるので、飛行機の待ち時間にケアンズ体験を少しだけしています。
バンダバーグ  元夫の家族がビーチハウスを持っていた時期があり、いきました。

豪>ケアンズにもいらした事があるのですね。
お友達がいらっしゃる間に、太古の大自然が残るキュランダや、その先のアサートン高原にも行ってみてくださいね!

ところで、日本へはどれくらいの頻度で帰国されていらっしゃいますか?

ももさん>平均すると一年に一回ぐらいです。 
目標は半分仕事でいくことで、頻度は半年に一回以上。
前回の日本滞在では関西4都市ライブツアーを行って来ました。



半分は息子も同伴で。
日本に行くと息子の日本語がぐんと伸びるので、それもあります。



豪>日本でのライブツアーもされたとの事!
ファンがどんどん増えて、日本への渡航も増えるかも知れませんね。


お仕事についてお尋ねしてみました


豪>これまでにされたお仕事をできる範囲で教えて下さい。

ももさん>日本では小学校の英語講師、ピアニスト、エコショップのお手伝い、英会話スクールの受付など。
オーストラリアではカレッジの講師、ピアニスト、ピアノ講師などです。 

その合間に、このインタビューをまわしてくれた、おおいしこうくんのアシスタントとして、麹と味噌作りのお手伝い、Rice Cultureのゆきよさんと一緒にメルボルンで味噌作りワークショップや布ナプキン作りワークショップ、メルボルンにて自分で麹、味噌作りワークショップ、などもやってきました。



音楽ではピアノ伴奏、琴奏者・太鼓奏者たちと録音、演奏をしたり、編曲をさせてもらったり、自分の曲を録音したり演奏、演奏会の企画もやっております。

去年は別のピアニストと即興のみのコンサートや、Piano Day(http://www.pianoday.org/)というイベントで、Brisbaneでのピアノ演奏会を企画、演奏、さらにvegan foodも提供し、foodも自分がやりました。(vegan歴 約20年) 




ここ数年は音楽の仕事に力をいれてきて、今現在演奏活動他、約60人の生徒を持つスタジオを運営、ピアノ、わらべうたを中心とした日本語幼児音楽教室、鍵盤ハーモニカ、ウクレレ、合唱の指導をしております。

ボランテイアでは息子の学校のパーマカルチャーガーデンのお手伝Culture Clubという発酵食を作るクラブのお手伝い(現在オーガナイザーが海外勤務で休憩中)も時間があればやっています。 

豪>大忙しですね!
充実されているのだな~と感じました。

では、お仕事でも趣味でも、何か現在気になっていることはありますか?

ももさん>いかに健康に(フィジカルメンタルともに)仕事を続けていけるか。 
私の尊敬する方の言葉に 100年以上続けていける仕事をする というのがあります。 
これは自分が100年やらなくても続けていってくれる人を育てるということで。 

豪>なるほど!
次の世代に引き継いで行けることを仕事にする、、、それは素晴らしい事ですね!!

心身ともに健康で、いつまでも充実したお仕事ができるというのが一番だとおもいます。

ももさん>仕事が自分の好きなこと、生きがいなので、リタイヤの予定はありません。
が、他に働き手がいるわけでもなく、仕事も母親業も自分しかいないので(現在パートナーはおりません)心身ともに健康でなければ一人で続けていくのは難しいかと。
なんでもはじめるのは意外と簡単ですが、いかに持続性をもってやっていくかというのが大切ではないかと思います。ピアノ歴は36年。まだまだ日々精進。

豪>前回のこうさんに時も思いましたが、次の世代に引き継いで行ける持続性。これは今の私達にとって、本当に必要な事だと思います。

ももさんが、具体的に気をつけていらっしゃる事はありますか?

ももさん>週2回のヨガを続ける(1回はスタジオのクラス、もう一回は自宅でプライベートセッション)

息子との時間を大切にする。 

腸の健康! 

好きなことを仕事にしているからと言ってもピアノ以外の事務作業や経理などもあるので、全てが得意ではないですが、上手くやりこなし、仕事以外の好きなこととのバランスを保っていくのが、心身ともに健康でいられる秘訣ではないかと思っているので、バランスよく心地よく仕事を出来る暮らし。

同時に息子の健康にも気をつけて。

豪>バランスよく、、、というのがキーワードですね!

それでは、豪人をご覧に方々にお知らせしたいことがあればどうぞ!

ももさん>このインタビューがサイトに載るころには終了していますが、サンシャインコーストの Jungle Love Festivalで演奏させていただきます。行ってた方いらっいますか? 

ひき続き、教えることと演奏活動をバランスよくやっていけたらと思っています。
演奏の以来などお待ちしています。
結婚式での演奏、バンド形式、もしくは弦楽器との演奏などでもやっております、オリジナル曲の製作もやっております。 



https://www.facebook.com/Momo-390887710961483/
https://soundcloud.com/momo_pianist

音楽以外でこういうこともやっております。
https://www.facebook.com/KurashiArekore/

現在は en という活動で (en は 円、縁、園、塩、宴、演、援 からきております)、発酵食を作ったり、今いる環境で出来るエコロジカルな活動をすること、コミュニテイ農園で野菜を作る、Native Beeを飼う、破れたものを修理する、作れるものは作る、エネルギーを最小限に使う、そんな提案をする活動ですが、自分の生活を覗き見にしてもらってる感じです(笑)





最後に豪人.comを見ている方々に一言!


ももさん>音楽をやってる方となかなか会う機会がないので、男女問わず音楽家の方がいらっしゃったら是非お仕事一緒にしたいです。
 
また来年は仕事の幅を広げ、オーストラリア各地に行きたいと思っております。
メインにわらべうたを広める活動です。

各地の教育関係の方々も興味があれば連絡お待ちしております。 


インタビューを終えて


音楽を通じて、未来を見据えて活動をしていらっしゃるももさん。

自然体な雰囲気かと思いきや、心の奥底では母としてミュージシャンとして、しっかりと地に足がついた考えを持っていらっしゃる方だと感じました。

オーストラリア国内外問わず、これからの活動が楽しみでなりません!

ももさん、ありがとうございました!!






今年最後の「オーストラリアで頑張る日本人のWA」となりました。
皆様、今年も一年、ご拝読ありがとうございました!!
来年は新しい事に挑戦しつつ、こちらの企画を続けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

次回はももさんからのご紹介でステキな方にインタビューさせて頂きます。
お楽しみにface29




Posted by 豪人 2016年12月10日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

QRコード
QRCODE

削除
第18回 ブリスベンのミュージシャン、濱田ももさん