豪人TOP

今月の特集

13回目

第13回 サンシャイン・コーストのフードコーチ、マーシャン祥子さん

第13回 サンシャイン・コーストのフードコーチ、マーシャン祥子さん

『オーストラリアで頑張る日本人のWA』第十三回は、サンシャイン・コーストで、ママさん向けのフードコーチをされているマーシャン祥子さんです。

祥子さんからお知らせ頂いたウェブサイトを拝見した時、すごく暖かい気持ちになれたので何故かな~と考えていたのですが、そこには愛が溢れていたからなんだな~と気付きましたfeel03

記事をご覧になっていただき、祥子さんさんの愛情あふれるお人柄に触れていただければと思いますface01

祥子さんのインタビュー記事をご覧下さいface29

インタビュー スタート!


豪人スタッフ(以下豪)>祥子さん、はじめまして!
愛子さんからのご紹介ということで、インタビューにお応えいただきありがとうございます。

早速なのですが、まずはオーストラリアに来られた時期はいつ頃ですか?

祥子さん>はじめまして。
2007年11月です。

豪>ありがとうございます。
オーストラリアへはどういう経緯で来られ、現在に至るのですか?

祥子さん>オーストラリアに来る前にモロッコにいたのですが、ビザが切れて出国せざるを得なくなり、たまたま1年前にとって使っていなかったワーホリのビザの入国期限が迫っていたのできました。

ビザがあったから来た、という不純な動機なんです。(笑

だいぶ前にシドニーで仕事が決まっていたのでワーホリのビザを取ったんですが、いろいろあって仕事をお断りして行く機会を逃していました。

それまでフランスやスペイン、ドミニカ共和国を始め世界中の国を渡り歩いていたのでビザがあるオーストラリアは最後の切り札のようなところがありました。

オーストラリアに来る前はモロッコで寿司バンを運営していたんですが、営業許可が下りず観光ビザで奮闘していたところ、無許可で営業しているのが警察に見つかり追放されました。(笑

モロッコを出なきゃいけないという理由でオーストラリアに流れ着いたような感じです。
このころは本当にふらふらしていたのです(笑

ところが一歩足を踏み入れたら、なんだかすごく肌になじむ感じがして、それまでいろんな国をふらふらしていた私もここでもう一度地に足のついた生活をしてみようと思たんです。
違法じゃなくて、ちゃんと勝負するぞ、みたいな(笑

豪>「肌が馴染む」という感覚、とても良くわかります!
現在はどちらにお住まいですか?

祥子さん>サンシャインコーストのマルチドー(Maroochydore)です。

豪>ローカルに人気のホリデータウンですねfeel01
行ったことは無いのですが、ビーチもあってステキな所ですよね~feel03

ちなみに、これまで行かれた事のある都市は?

祥子さん>バイロンベイ、シドニーのボンダイ、ブロンテ、マンリーです。特にマンリーは子供達を出産して5年住んでいたので、思い入れが深いです。

豪>おお~feel20すべてビーチがありますねface05
ケアンズはビーチがイマイチですが(笑)、いつかいらして下さいfeel20

ところで、日本へはどれくらいの頻度で帰国されていらっしゃいますか?

祥子さん>だいたい年に1度です。

豪>私も目標は一年に一回です!笑


お仕事についてお尋ねしてみました


豪>これまでにされたお仕事をできる範囲で教えて下さい。

祥子さん>大学を出て最初の仕事は料理教室の先生、
次にフードコーディネーターのアシスタントと料理研究家のアシスタント、
東京のフランス料理レストランで修行、
フランスに渡って4星ホテルで料理の修業、
フランスで寿司ケータリングビジネスの運営、
ドミニカ共和国でメニュー開発の仕事、
モロッコで寿司バンの運営、
シドニーで出張料理と料理教室のビジネスの運営、
現在はフードコーチとしてママと子供がっもっと輝けるように食とマインドコーチングを合わせた個人セッションやワークショップ、プログラムの運営をしています。

また過去8年間は雑誌やウエブサイトでの執筆もしています。

豪>スゴイ経歴ですねface19
お料理のスペシャリストなのですねicon12

では、お仕事でも趣味でも、何か現在気になっていることはありますか?

祥子さん>どうしたら自分も含め、世界中のママがハッピーでいられるかどうかです。

豪>それは、どのようなことからそう思われるようになったのですか?

祥子さん>私の娘は脳性麻痺という障害を持っているんですが、障害児子育てをしていく上でもっともっと心のバリアフリーが広がってみんながありのままで輝ける未来になって欲しいという気持ちがとても強くなりました。
障害があっても凸凹があっても、みんなが自己肯定感を高く持って、自分らしく生きれる社会であってほしいんです。

どうしたらこの社会の未来を変えられるのだろうを考えた時に、未来を担っている子供たちを今この時代に育てているママにできることがあるはずだと思ったんですね。

子育てをしていると、こうしなければいけないとか、人の目を気にして、やらなければならないことに追われてガチガチになってしまうママが多いと思うんです。
しつけとか習い事、勉強に一生懸命になるって時間を追いかけて、子供のありのままの輝きを見過ごしてしまうんですね。

でも大切なのって、子供の素質を十分に理解し、可能性を十分に発揮できるコンディションを整えてあげることなんだと思うんです。
教科書通りでもなく、他の誰かでもなく、その子自身のキラキラ光るものをちゃんと輝かせてあげることっていうか。

そのためには、まずママ自身が穏やかな気持ちで笑顔とゆとりを持つことが大事だし、食生活やライフスタイルを整えて心と体のバランスを保ってあげることが大事だと私は信じてます。

そしてママの心が変われば子供も変わり、未来も変わっていくと思います。

長くなりましたが、子育てにつまづいている人を見ると放っておけないし、他人事でも、大事なこと忘れてないかな?とか気になるおせっかいな人です(笑
自分も含めハッピーなママを増やしたいと思っています。

豪>未来を作っていくのは子供達、その子供達に影響を与えるのは周りの大人ですもんね。
子供が最初に触れる社会である家族が、身も心も健康であるということが、ステキな未来につながっていくのかもしれませんね。

今現在も活動中かと思いますが、これから先、どのような活動を考えていらっしゃいますか?

祥子さん>ママの為のフードコーチとして、ママが多くの時間を費やすキッチンからママの心と体、そして子供、未来を変える手伝いができればいいなと思います。


具体的には夫婦で食や子育てについてその家族らしさというものを見つけてより生きやすくしていくお手伝いをするカップルコーチングや、がちがちにならないゆるい食育とずぼら料理でママを楽にするワークショップ・料理教室、ヒントをいっぱいつめたレシピ本も出したいですし、笑顔とゆとりの子育てや、食の大切さを広める講演もしていきたいですね。

夢は大きく、TEDS talkに出ることです。

豪>祥子さんなら実現しそうな気がします。

豪人ブログをご覧の方に、何かお知らせしたい事はありますか?

祥子さん>子育てを楽にするFood Therapyというオンラインでできるプログラムを作ったんですが、8週間で食生活やライフスタイル、考え方をシフトして穏やかな時間と笑顔とゆとりを生み出すというものなんですね。
オーストラリア在住の8人の心と体の専門家を集めて世界初となるホリスティックインテグレーションによるママが楽になるためのプログラムです。



ちょっとずぼらに、それでも大事なことを忘れずに、もっと楽に子育てしているママを増やしたい、それが誰もがありのままで輝ける未来につながる、というビジョンに共感してくれた、使命感の高いメンバーが集まっています。

ゆるい食育、ずぼら料理、ヨガやアロマ、自然療法、マインドコーチングなど充実しているのですが、8週間同じ悩みを持つママと同時進行していくことにこのプログラムの醍醐味があります。

現在上記のプログラムの第1期が始まり、62人のママが日々学び、気づきをシェアしています。

世界中から集まる熱気はすごいものがあり、すでに
子供が苦手な食べ物を克服!
パートナーが家事を手伝ってくれるように!
心も体もすっきり!
と嬉しい報告が続いています。

本当に作ってよかったと涙が出そうです。
私にとってフードコーチの仕事はライフワークなので、趣味仕事と言ってもいいほど、このプログラムを作るのも運営するのも楽しいです。

動画なども載っているので、子育てに奮闘中のママには是非、ウエブサイトを覗いてほしいなと思います。
食に詳しい人も、これから変えていきたい人も、人生変わるプログラムです!
http://holisticfoodjourney.com/program


また食のことだけでなく、障害を持つ娘や、6歳でストリートミュージシャンデビューした息子との日々の出来事を綴ったブログは、一度読んだらハマると定評です(笑
是非、祥子節を読みに来てください。
http://ameblo.jp/oceansoul


最後に豪人.comを見ている方々に一言!


祥子さん>娘が障害を負ったことも含め、どんなことにも意味があると私は常々思っています。
ここで私の記事を読んでいただいたことにも、意味があると思うんですね。
これをきっかけに食生活をちょっと見直してみようって思って、それが人生のターニングポイントになってしまうかもしれない。だから人生っておもしろいですよね。
ということで、忙しいママがもっと笑顔になるように、期間限定で私の著書、『おやつサプリ』というレシピ本をプレゼントします。

子供が野菜を食べない、食生活に罪悪感、食事がストレス、手作りおやつのハードルが高いと思っているママのためのバイブルのような一冊。
小麦、砂糖、添加物を使わず、ずぼらママでもできる野菜を使ったおやつのレシピ集です。
期間限定で無料ダウンロードできますのでぜひお見逃しなく。

◎野菜嫌いの子供と忙しいママのためのおやつレシピ本
http://holisticfoodjourney.com/freebie
※2016年7月31日まで無料ダウンロード(通常$10 AUD)




インタビューを終えて


人それぞれ媒体は様々ですが、祥子さんの場合は『食』というものを通して、お母さんや子供さんだけでなく、世界の未来をも考えていらっしゃるのだと感じました。

私自身も2人の子供の子育てを終え、反省する点もたくさんありますので、もっと早く祥子さんのような方と出会えていたら、また違ったのかな、、、と思ったり。

今子育て中のママさんも、これからママさんになる方も、そして自分を含めて愛する人のためにも、今一度「食」を見直す良い機会になれば幸いですface29

祥子さんより、7月31日まで限定で無料ダウンロードできるレシピ本のオファーも頂きましたicon12
祥子さん、ありがとうございました!!



Holistic Food Journey
ウェブサイト:http://holisticfoodjourney.com/
ブログ:http://ameblo.jp/oceansoul




次回は祥子さんからのご紹介でステキな方にインタビューさせて頂きます。
お楽しみにface29




Posted by 豪人 2016年07月03日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

QRコード
QRCODE

削除
第13回 サンシャイン・コーストのフードコーチ、マーシャン祥子さん